image

節分とは季節の節目、「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回あります。ところが、旧暦では春から新しい年が 始まったため、立春の前日の節分(2月3日頃)は、大晦日に相当する大事な日でした。そこで、立春の前日の節分が重要視され、 節分といえばこの日をさすようになりました。 昔は、季節の分かれ目、特に年の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられており、さまざまな邪気祓い行事が行われてきました。 おなじみの豆まきも、新年を迎えるための邪気祓い行事です。鬼は邪気や厄の象徴とされ、形の見えない災害、病、飢饉など、 人間の想像力を越えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられてきました。鬼を追い払う豆は、五穀の中でも穀霊が宿るといわれる 大豆です。豆が「魔滅」、豆を煎ることで「魔の目を射る」ことに通じるため、煎った大豆を使い、これを「福豆」といいます。 炒った豆を枡に入れ、神棚にお供えします。神棚がない場合は南の方角に置きます。 夜になってから、戸口や窓、ベランダなどで豆まき開始です。豆をまくのは、家長の役目とされ、その年の干支の年男、 年女も吉とされています。家中の戸を開け放して「鬼は外!福は内!」と大きな声で唱えながら家の外と内に豆をまきます。 豆をまいたら、鬼が入ってこないようすぐに戸を閉めます。そのあと1年間無病息災で過ごせるよう、 年の数だけ福豆を食べる風習があります。各ご家庭でも『節分の豆まき』いかがでしょうか。 地元、四谷の総鎮守須賀神社でも2月3日に節分祭が執り行われます。ご家族でご参拝下さい。 管理人